尻尾のあるコーギー

corgit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーディオ ( 3 ) タグの人気記事


2011年 08月 28日

JBL4301のパンフレット(カタログ?)が出てきました

今日も昨日に続いて事情があって、ルークくん達との公園お散歩に行けませんでした。

そこで、昔のオーディオ関連の話題にします。
ちょっと前に本棚を整理していたら、こんなものが出てきました。
c0165640_23171619.jpg
まだ山水電気がJBLの代理店をやっていた頃の4301のパンフレットです。

こちらは我が家の4301です。ちょっと雰囲気が違う?改良型?
いえいえ、エッジがボロボロになったので自分で修理してこんな姿になりました。
c0165640_23173460.jpg


ちょっとウーファーを外してみました。
c0165640_2318236.jpg

c0165640_23182754.jpg
見難いかもしれませんが、Model 116Aの下のほうに、「JAMES B LANSING SOUND INC」の文字が見えます。


ルークくんの写真がないと寂しいので、夜になって横になって休んでいるルークくんです。
c0165640_23185115.jpg


撮影は、DMC-G2 + D VARIO-ELMER 14-50mm(マウントアダプター使用)の組み合わせです。
[PR]

by corgi_T | 2011-08-28 23:21 | Comments(4)
2010年 12月 29日

我が家にあるちょっと古いもの(その3か4くらい?)

今日は昔から持っていたものではないんですが、
先日、中古で買ったスピーカーを紹介します。

正面から見るとこんな感じです。
c0165640_22384789.jpg


裏側から見るとこんな感じです。
c0165640_22393184.jpg


ネットで調べたのですが、1978頃のものだそうです。
まだ冷蔵庫やテレビが「National」のブランド名で販売されていた頃だと思います。
いまでは「National」も、このスピーカーの「Technics」ブランドも無くなってしまいました。
松下の名前もやめて「Panasonic」に統一されたんですね。

このスピーカーの存在そのものは、あまり覚えていないのですが、
中古屋さんで見つけて妙に気になったので買ってしまいました。
1978年当時の定価は1本18,500円だったようですが、今回の購入価格は2本で2,625円でした。
大きさ(約A5サイズ)のわりには重いと感じたのですが、アルミダイカストのエンクロージャーでした。
最近のミニコンポのスピーカーは、殆どがバスレフ方式なんですが、これは密閉型でした。

さて、その音は?と言うと、やはりこの大きさではちょっと無理があるかなと言う印象です。
机の上に置いて聞くには、「まあいいかな」という感じでした。

今朝も晴れていたのですが、富士山の前に雲があったので、昨日の朝撮影した富士山の写真を載せます。
c0165640_22394234.jpg



スピーカーの撮影はE510 + D VARIO-ELMAR 14-50 F3.8-5.6を使いました。
富士山はD40 + AF28-300VCで撮影しました。
[PR]

by corgi_T | 2010-12-29 22:43 | Comments(4)
2010年 05月 08日

エッジを修理したJBL4301(うちにあるちょっと昔の物シリーズ??)

今日はルークくんもクララちゃんも、うちの奥さんと一緒に奥さんの実家に帰っていていません。
天気も良いので一人で鳥さん撮影に行けばよかったのですが、何となく一日中家の中でのんびりしてしまいました。

そんな訳で今日はうちにあるちょっと昔(30年くらい前の物)のオーディオ製品を載せてみます。
それほど特別なものではないですが・・・

これは、JBLのスピーカーで43xxシリーズの中で当時一番安かったものです。
c0165640_2325291.jpg


これが型番の銘版です。
c0165640_233643.jpg


サランネットをはずして全体を撮影したのには、ちょっとした訳があります。
もうすでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ウーファーのエッジが白くなっています。
これは、もう何年も前にエッジがボロボロになっていたので、何かちょうど良いスピーカーユニットを探しに
当時すでに秋葉原でも数件しか残っていないオーディオ専門店(自作スピーカー用パーツも扱っている)に行ったのですが、
店員さんが、無理に他のユニットを取り付けるよりは、自分で鹿革で修理することを薦めてくれました。
そんな訳で、出費も少なく何とかエッジの修理をする事ができました。

さて、もう一点は当時交換したレコード針の残りです。何故か残してありました。
c0165640_234257.jpg


これも、当時かなりポピュラーだったものだったと思います。

今日の話題は極々一部の方以外にはつまらないものだったかと思います。
ところでスピーカーの全体を撮影した時の事ですが、VR18-200とDX18-135を使ってみたのですが、
焦点領域のせいなのか、はたまた微妙に撮影角度が違ったせいなのかDX18-135の方が糸巻き型のひずみが大きかったように思えました。
[PR]

by corgi_T | 2010-05-08 23:12 | Comments(2)